映画「Love Letter」〜大阪出身なのに関西弁喋ると更にうさんくささ三割増しな豊川悦司がエロい

手持ちのソフトはVHSの為もう見られないので、WOWOW岩井俊二監督特集をすかさず録画。10何年少しぶりに拝見。もうまったく色あせなんてしてない美しい画面と、今でも全然新しい物語と演出。北海道の樹ちゃんと、神戸の博子さんを同じ女優さんが演じているところから醸し出されるファンタジックさ、奇妙さ、ねじれが最後までストーリーをぐいぐいと引っ張る。かたる力の強さ。今もなお大好きすぎた。

酒井美紀ちゃんのつっけんどな物言い、柏原くんのぶっきらぼうな横顔。壁ドンもアゴクイもなんもないけど、名前という仕掛けだけで胸キュンだった。あまずっぱすぎて(けれども彼の『不在』を知っているから余計に)切なくて、だからラストシーンはあれだけでもう十分に救われる。言葉はなくってなんなら名前すら呼び合ってないのに、ラスト「彼の気持ち(=Love Letter)が届いた」とわかる映像の豊かさが、もう気持ちよすぎる。

見てるこっちが大人になったからだと思うけれども、10何年ぶりに見たら、博子さんを思う秋葉さんのしんどさにも目がいってしまった。山に登りたくない、っていう博子を優しく説得する秋葉さんがめっちゃ大人。イケメン。マジイケメン。羨ましい。関西弁が押しつけがましくてウザい瞬間もあるけれども、それでもイケメン認定。ガラス工房でのキスシーン、20年前からあんなにエロかったのでしょうか。なにかあそこだけ違う映画だった。エロい。巻き戻してもう一回見た、なんであんなにエロいのか。豊川悦司だからか、そうか。納得。

岩井俊二監督の「不在」の描き方と、そこからの「再生」を見つめる対象との距離感が好きだな、とふと思った。人が消えるということ、そこからもう一度はじめるひとを、岩井監督は少し離れたところからじーっとみてる、ただ見てる。消えた瞬間も驚きのこえひとつ立てず、ただ静かに静かに見てる。その息のひそやかさと柔らかさが、もうとてもとても大好きです。

映画「ヒメアノ~ル」~森田さんの器の大きさと、濱田くんの受け演技の確かさ。

 

出落ちに近い。森田さんにオファーをだして、森田さんが出演オッケーした時点で8割お仕事終わり!な、感じ。ストーリーに共感など一切出来ない分、ひたすら森田さんと濱田くんの芝居を観賞する映画。古い池の底みたいに鈍く光ってる目で森田を演じた森田さんはもちろん、濱田くんの受け演技が凄まじく達者だった。え、こんなに上手なんだ、と改めてびっくりしたぐらい。

森田さんはナチュラルにずれてるところから湧いてる不気味さ、イヤーなノイズ感のかもしっぷりがさすが!……というか、どちらかというと、これぐらい出来るよね森田さんなら、という気持ちだった。この映画見て森田剛って役者に目をつけた人に「夜中に犬に起こった奇妙な事件」見せたいな。最高に可愛かったあのお芝居のあのときの彼と、今回の森田までが同居しちゃえる、というところに、森田さんの魅力があると思った。

なので、両方見てほしいなあという感想になるのでした。

 

「マーダ―・フォー・トゥー」@森ノ宮ピロティホール

劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎 黒 BLACK 乱鶯@梅田芸術劇場

The HIATUS「Closing Night - Keeper Of The Flame Tour 2014-」@武道館

おれはもう、武道館の片隅で丸まって化石になりたい……
ここで朽ち果てたい…

 

初めてハッチでみたときからいまだにどんどん好きになってんですけども
どうすればいいのほんと……だ

 

※いずれちゃんと感想書こうと思ってはや2年。